Forza Horizon 5 AWDオンロードS1クラスのアップグレード

ForzaHorizon5

今回はForza Horizon 5(FH5)にてAWD(4輪駆動)車のオンロードS1クラス向けのアップグレードを行う方法について、具体例を挙げてご紹介します。

今回と次回のセッティング(前編中編後編)の記事はアップグレードやセッティングの解説の目的に加えて自己の限界に挑戦する目的でも書いています。

スポンサーリンク

アップグレード対象車及びコースの紹介

今回のアップグレード対象車は2005 FORD GTになります。MRの車ですが、AWDに駆動方式変更します。

コースはHORIZONメキシコサーキット向けにアップグレードを行います。

HORIZONメキシコサーキットは90km/h前後の低速コーナーから200km/hオーバーの高速コーナーもある 比較的バランスが取れたコースになります。

S1クラスになるとストレートエンドで260km/h~270km/h程度まで速度が出ます。

今回はHORIZONメキシコサーキットにてS1クラスの自己ベスト「00:57:703」を更新することを目的としてアップグレードを進めます。

S1クラス向けAWD車へアップグレードする時に注意すべきこと

S1クラスになるとアップグレードの自由度もかなりあり、色々自由にアップグレードできますが下記に注意してアップグレードを進めます。

S1クラスのAWD車はアップグレードやセッティングが決まれば、RWD車よりも1~2秒以上速いタイムを叩き出すことができます!

アクセルが踏める車に仕上げる

Aクラスの時よりも大幅に馬力が大きくなり600PS~700PSは当たり前、車によっては900PS以上になります。

AWDの場合、RWDのようにコーナーで暴れるようなことは中々ありませんが、フロントグリップが不足し アンダーステアに悩まされることが多くなります。

アンダーステアをいかに解消させるかが鍵になります。

フロントタイヤのグリップをできるだけ大きくする為、基本的にはフロントのタイヤ幅は最大にしておきます。

エンジンのトルクカーブがフラット、あるいはレブリミットまで緩やかにトルクが上昇するタイプのエンジンを選択する。

エンジンのトルクカーブで低中速のトルクが太く、高回転域でトルクが落ち込むものは高速域での車速が伸びにくくなります。

その為、最大トルクが細くなってもトルクカーブはフラットなもの、レブリミットまで緩やかなトルクが上昇するタイプのエンジンを選択します。

この手のエンジンは高回転域でも車速の伸びが落ち込まなくなります。

加えて、最大トルクが細くなれば立ち上がりで駆動・操舵輪であるフロントタイヤにかかるトルクが小さくなり、アクセルオン時のアンダーステアを抑えることにも繋がります。

高速コーナーも安定して曲がれる車に仕上げる

S1クラスになるとスピードレンジが上がります。

高速コーナーで曲がれない車は曲がれる速度まで減速する必要がありますが、スピードがあるので減速が間に合わずにコースアウトになり易いです。

その為、フロント、リヤともにウイングをつけてダウンフォースを稼ぐと安心して乗れます。

前後重量配分に気を配る

前後重量配分が悪いと高速域で悪影響が出やすいです。

フロントヘビーならアンダーステア、リヤヘビーならオーバーステアの傾向が強くなります。

重量配分はなるべくフロント42%~53%程度に納めるようにします。

前後重量配分の改善方法はシャーシ補強/ロールゲージ、軽量化だけでなく、エンジン換装という手段もあります。

横Gは最低でも1.24(97km/h時)以上は欲しい

RWDの記事では横Gが最低でも1.28(97km/h時)以上は欲しいと書いていましたが、AWDの場合はコーナーでスピンしにくい為、横Gが多少小さくても乗りこなすことができます。

タイヤのアップグレードだけで横Gの数値がなかなか改善されない場合はシャーシ補強/ロールゲージ、軽量化、エンジン換装以外にもホイール、マフラー、エアクリーナー、インテークマニホールド等でも車が軽量化されるのでお試しください。

アップグレード

それでは、2005 FORD GTをオンロードS1クラス向けにAWD車へアップグレードしてみます。

換装

まず、エンジン換装を行います。

エンジン換装ではエンジンのトルクカーブがフラット、あるいはレブリミットまで緩やかなトルクが上昇するタ イプのエンジンを選択します。

赤色の線がトルクカーブになります。今回の候補としてはRACING V12が該当します。

2005 FORD GTはボディキットが用意されていませんので、エンジン換装の次は駆動系換装を行います。駆動方式をMRからAWD変更します。

吸気方式については装着するとパワーが上がるだけでなく、PI(パフォーマンスインデックス)も大きく上昇し、PIを消費してしまう為、今回は変更しません。

タイヤ/ホイール

タイヤコンパウンドではタイヤのグリップを上げる為、スリックタイヤを選択します。

※標準タイヤで横Gが1.25(97km/h時)以上あり、スリックタイヤを選ぶとPIが大きく上がる車があります。その場合は標準タイヤのままでアップグレードを行い、走らせてみて曲がりにくい、グリップが不足すると感じたらタイヤコンパウンドの変更を検討してください。

フロントタイヤ幅とリヤタイヤ幅を太くすることでタイヤグリップのキャパが増えます。

フロントタイヤ幅から先に設定します。グリップ不足にならないようにフロントタイヤ幅は最大にしてください。

リヤタイヤ幅の後にフロントタイヤ幅を調整します。リヤタイヤ幅についても最大にしてください。

リヤタイヤ幅も最大にしている理由は、以前投稿したAWD車のダートAクラス向けセッティングにて、リヤタイヤを最大にすることでタイムが良くなった為です。

フロントタイヤ幅とリヤタイヤ幅で車の前後グリップバランスが決まります。

その為、アップグレード時点では暫定的に決めておき、走らせてみてから前後タイヤ幅を再調整します。

アンダーステアが強い場合はフロントタイヤ幅を太くするかリヤタイヤ幅を細くします。

オーバーステアが出てスピンする場合はリヤタイヤ幅を太くするかフロントタイヤ幅を細くします。

※フロントタイヤ幅を細くしすぎるとアンダー傾向になるだけでなく、ブレーキの制動距離が延び、ABSオフの場合ブレーキロックし易くなることも注意してください。

ホイールスタイルはPIの微調整に用いる為、スキップしホイールサイズへと進みます。

フロントホイールサイズ、リヤホイールサイズについては前後同じだけなるべくインチアップします。

今回、ホイールサイズを最大まで大きくするとデカすぎると感じた為、フロント21インチ、リヤ22インチとしています。

以前、twitterで投稿したRx-7のセッティングを行っている時に試しにホイールサイズを下げた場合、コーナーで破綻し易くなった為、インチアップすることが多いです。

2005 FORD GTはドレッド幅を調整できる為、レッド幅はフロント、リア共に最大にします。

駆動系

駆動系のメニューではクラッチ、トランスミッション、デフを強化します。

今回、駆動系換装を行った為、クラッチのアップグレード項目はありません。

トランスミッションは8速のレース仕様のトランスミッションを装着します。

多段ミッションを装着する目的は各ギヤをクロスさせてパワーハンド外さない為です。

駆動系アップグレードはPIの微調整に用いる為、スキップし、デフへと進みます。

デフはレース仕様を装着します。

車体/ハンドリング

車体/ハンドリングのメニューに入り、ブレーキ、ボディ、足回りのアップグレードを行います。

ブレーキはしっかり止まれるようにレース仕様を装着します。

スプリング/ダンパーについてはハンドリングの改善を最優先する為、オフロード仕様は装着せず、レース仕様を装着します。

スタビライザーはフロント、リア共にレース仕様を装着します。

シャーシ補強/ロールゲージのアップグレードに入ります。

ハンドリングを改善する為、レース仕様を装着します。

軽量化のアップグレードに入り、レース仕様を装着して徹底的に軽くします。

この時点で横Gは1.32(97km/h時)、1.54(161km/h時)となり中々ハンドリングが良さそうです。

エンジン

エンジンのメニューに入り、エンジンパワーを上げていきます。

エンジンで優先的にアップグレードする項目は車を仕上げる方向性によって変わります。

ハンドリングを重視する場合は下記のアップグレード項目を優先します。

(エンジンパワーを上げつつ軽量化もできます。)

  1. カムシャフト
  2. 排気系
  3. インテークマニホールド(NA車のみ)
  4. インテーク
  5. ピストン/圧縮比
  6. バルブ

ハンドリングが良くエンジンパワーが不足している時は下記のアップグレード項目を優先します。

(パワーも上がりますが、車重も増えるのでPIの上昇を抑えることができます。)

  1. インタークーラー(ターボ/スーパーチャージャー搭載車のみ)
  2. オイル/冷却装置
  3. ターボ/スーパーチャージャー(ターボ/スーパーチャージャー搭載車のみ)
  4. カムシャフト
  5. キャブレター(一部のNA車のみ、レース仕様はパワーも上がりますが、車重も重くなります。)

※燃料システム、点火系、排気量のアップグレードはパワーのみ上がります。

今回はパワーのなるべく上げる為、「バルブ」、「エンジンブロック」、「オイル/冷却装置」のみアップグレードを行いました。

S1クラスに収めるための微調整

下記画像はエンジンを一通りアップグレードした後の車重、馬力、トルク、PIが表示されている画像と制動距離、横G、加速、最高速が表示されている画像になります。

この時点ですでにPI(パフォーマンスインデックス)は900に達しており、横Gも1.32(97km/h時)となかなか良さそうです。もう少しPIを調整できないか確認します。

駆動系のアップグレードやホイールスタイルにて軽いホイールが装着できないか試みてみましたが、PI(パフォーマンスインデックス)が900を超えてしまったため、これ以上詰めることはできなさそうです。

最後に車に愛着が沸くようにホイールスタイルにて重さが変わらない範囲で好みのホイールに変更します。

以上でS1へのアップグレードは完了です。

チューニングの保存

アップグレードが完了したら、暫定チューニングとしてチューニングを保存しておきましょう。

チューニングを保存するのは走り込みを行いながらチューニングを変えて、行き詰った時に原点に戻れるようにする為です。

今回のセッティングシートは下記になります。共有コード「374 602 572」で公開しています。

以上、Forza Horizon 5(FH5)にてAWD車のオンロードS1クラス向けアップグレードを行う方法についてご紹介しました。

次回(前編中編後編)はHORIZONメキシコサーキットを走りこんでセッティングを行っていきますので、そちらもぜひご覧ください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました