Forza Horizon 5 RWDオンロードS1クラスのアップグレード

ForzaHorizon5

今回はForza Horizon 5(FH5)にてRWD(後輪駆動)車のオンロードS1クラス向けのアップグレードを行う方法について、具体例を挙げてご紹介します。

スポンサーリンク

アップグレード対象車及びコースの紹介

今回のアップグレード対象車は2020 CHEVROLET CORVETTE STINGRAY COUPEになります。

コースはHORIZONメキシコサーキット向けにアップグレードを行います。

HORIZONメキシコサーキットは90km/h前後の低速コーナーから200km/hオーバーの高速コーナーもある、比較的バランスが取れたコースになります。

S1クラスになるとストレートエンドで260km/h~270km/h程度まで速度が出ます。

S1クラス向けにアップグレードする時に注意すべきこと

S1クラスになるとアップグレードの自由度もかなりあり色々自由にアップグレードできますが、下記に注意してアップグレードを進めます。

アクセルが踏める車に仕上げる

Aクラスの時よりも大幅に馬力が大きくなり600PS~700PSは当たり前、車によっては900PS以上になります。

リヤタイヤのグリップが不足し、コーナーで暴れる車に仕上げてしまうと、スピンさせずに走らせることに精一杯でタイムアタックどころではなくなります。

その為リヤタイヤのグリップを上げること意識してください。

トルクカーブがフラットorレブリミットまで緩やかに上昇するエンジンを選択する

エンジンのトルクカーブで低中速のトルクが太く、高回転域でトルクが落ち込むものは高速域での車速が伸びにくくなります。

その為、最大トルクが細くなってもトルクカーブはフラットなもの、レブリミットまで緩やかなトルクが上昇するタイプのエンジンを選択します。

この手のエンジンは高回転域でも車速の伸びが落ち込まなくなります。

加えて、最大トルクが細くなれば立ち上がりで駆動輪であるリアタイヤにかかるトルクが小さくなり、ホイールスピンやオーバーステアを抑えることにも繋がります。

高速コーナーも安定して曲がれる車に仕上げる

S1クラスになるとスピードレンジが上がります。

高速コーナーで曲がれない車は曲がれる速度まで減速する必要がありますが、スピードがあるので減速が間に合わずにコースアウトになり易いです。

その為フロント、リヤともにウイングをつけてダウンフォースを稼ぐと安心して乗れます。

前後重量配分に気を配る

前後重量配分が悪いと高速域で悪影響が出やすいです。

フロントヘビーならアンダーステア、リヤヘビーならオーバーステアの傾向が強くなります。

重量配分はなるべくフロント42%~53%程度に納めるようにします。

前後重量配分の改善方法はシャーシ補強/ロールゲージ、軽量化だけでなく、エンジン換装という手段もあります。

横Gは最低でも1.28(97km/h時)以上は欲しい

タイヤのアップグレードだけで横Gの数値がなかなか改善されない場合はシャーシ補強/ロールゲージ、軽量化、エンジン換装以外にもホイール、マフラー、エアクリーナー、インテークマニホールド等でも車が軽量化されるのでお試しください。

アップグレード

それでは、2020 CHEVROLET CORVETTE STINGRAY COUPEをオンロードS1クラス向けにアップグレードにしてみます。

換装

まず、エンジン換装を行います。

エンジン換装ではエンジンのトルクカーブがフラット、あるいはレブリミットまで緩やかなトルクが上昇するタイプのエンジンを選択します。

赤色の線がトルクカーブになります。

今回の候補としては5.2L V10またはRACING V12が該当します。

RACING_V12はPI(パフォーマンスインデックス)を大きく消費する為、今回は5.2L V10を選択します。

エンジン換装の次はボディキットを装着します。

ボディキットを装着することによりタイヤ幅の選択範囲が広がり、より太いタイヤを装着できグリップを上げることできますので積極的に搭載したいところです。

※ボディキットによってはウイングをつけることができず、前後どちらかのダウンフォースしか調整できない場合もあります。その時はボディキットを外すことも検討してください。また、重量が大幅に増えてハンドリングが悪化する場合もボディキットを外してください。

エアロ/外装

エアロ/外装ではウイングをつけてダウンフォースが調整できるようにします。

今回はボディキットを装着したことでフロントダウンフォースが調整できるようになっているため、リアウイングのみ選択可能となっています。

リアウイングはダウンフォースが調整できるものを選択します。

タイヤ/ホイール

タイヤ/ホイールのメニューに入ります。

タイヤコンパウンドではタイヤのグリップを上げる為、スリックタイヤを選択します。

※標準タイヤで横Gが1.25(97km/h時)以上あり、スリックタイヤを選ぶとPIが大きく上がる車があります。その場合は標準タイヤのままでアップグレードを行い、走らせてみて曲がりにくい、グリップが不足すると感じたらタイヤコンパウンドの変更を検討してください。

フロントタイヤ幅とリヤタイヤ幅を太くすることでタイヤグリップのキャパが増えます。

リヤタイヤ幅から先に設定します。リヤタイヤ幅は最大にしてください。

リヤタイヤ幅の後にフロントタイヤ幅を調整します。

※フロントタイヤ幅は必ずリヤタイヤ幅より細くなるようにして下さい。フロントタイヤ幅とリヤタイヤ幅を同じにすると相対的にリヤタイヤのグリップが不足し、オーバーステアが出やすくなります。フロントタイヤ幅よりリヤタイヤ幅が40~70mm程度広くなるように設定してください。

フロントタイヤ幅とリヤタイヤ幅で車の前後グリップバランスが決まります。

その為、アップグレード時点では暫定的に決めておき、走らせてみてから前後タイヤ幅を再調整します。

アンダーステアが強い場合はフロントタイヤ幅を太くします。

オーバーステアが出てスピンする場合はリヤタイヤタイヤ幅を太くするか、フロントタイヤ幅を細くします。

※フロントタイヤ幅を細くしすぎるとアンダー傾向になるだけでなく、ブレーキの制動距離が延び、ABSオフの場合ブレーキロックし易くなることも注意してください。

ホイールスタイルはPIの微調整に用いる為、スキップしホイールサイズへと進みます。

フロントホイールサイズ、リヤホイールサイズについては前後同じだけなるべくインチアップします。

以前、twitterで投稿したRx-7のセッティングを行っている時に試しにインチを下げた場合、コーナーで破綻し易くなった為、インチアップすることが多いです。

ボディキットを装着しない場合、ドレッド幅を調整できます。ドレッド幅はフロント、リア共に最大にします。

※一部の車ではボディキットを装着していない状態でもドレッド幅を調整できません。

駆動系

駆動系のメニューではクラッチ、トランスミッション、デフを強化します。

クラッチはなるべく良いものを装着し、シフトチェンジのロスを無くします。

トランスミッションは8速のレース仕様のトランスミッションを装着します。

多段ミッションを装着する目的は各ギヤをクロスさせてパワーハンド外さない為です。

駆動系アップグレードはPIの微調整に用いる為、スキップし、デフへと進みます。

デフはレース仕様を装着します。

車体/ハンドリング

車体/ハンドリングのメニューに入り、ブレーキ、ボディ、足回りのアップグレードを行います。

ブレーキはしっかり止まれるようにレース仕様を装着します。

スプリング/ダンパーについては一旦レース仕様を装着します。

スタビライザーはフロント、リア共にレース仕様を装着します。

この時点でかなりPIを消費していますので、エンジンのアップグレードに進みます。

エンジン

エンジンのメニューに入り、エンジンパワーを上げていきます。

優先的にアップグレードする項目は車を仕上げる方向性によって変わります。

ハンドリングを重視する場合は下記のアップグレード項目を優先します。

(エンジンパワーを上げつつ軽量化もできます。)

  1. カムシャフト
  2. 排気系
  3. インテークマニホールド(NA車のみ)
  4. インテーク
  5. ピストン/圧縮比
  6. バルブ

ハンドリングが良くエンジンパワーが不足している時は下記のアップグレード項目を優先します。

(パワーも上がりますが、車重も増えるのでPIの上昇を抑えることができます。)

  1. インタークーラー(ターボ/スーパーチャージャー搭載車のみ)
  2. オイル/冷却装置
  3. ターボ/スーパーチャージャー(ターボ/スーパーチャージャー搭載車のみ)
  4. カムシャフト
  5. キャブレター(一部のNA車のみ、レース仕様はパワーも上がりますが、車重も重くなります。)

※燃料システム、点火系、排気量のアップグレードはパワーのみ上がります。

今回はアップグレードできる項目が少ないのでフライホイール以外全てアップグレードを行いました。

S1クラスに収めるための微調整

下記画像はエンジンを一通りアップグレードした後の車重、馬力、トルク、PIが表示されている画像と制動距離、横G、加速、最高速が表示されている画像になります。

この時点ですでにPI(パフォーマンスインデックス)は900に達しており横Gも1.32(97km/h時)となかなか良さそうです。

もう少しPIを調整して詰めてみます。

車重が1578kgと重いのでもう少し軽量化したいと思います。

できれば軽量化のアップグレードを行いたいのですがこのままではPI(パフォーマンスインデックス)が900を超えてしまいます。

そこで、ホイールスタイルにて一番重いホイールを装着します。

これで、PI(パフォーマンスインデックス)が898に下がります。

次にスプリング/ダンパーをオフロード仕様に変換します。

PI(パフォーマンスインデックス)は898のままですが、車重が増えているので下がっているはずです。

この後、軽量化のアップグレードを行ってみるとPI(パフォーマンスインデックス)が900に収まりました!

PIの調整前とPI調整後で比較してみます。

161km/hからの制動距離は若干悪化していますが、97km/hからの制動距離、加速、最高速は良くなっています。

PI調整前
PI調整後

またここから、スプリング/ダンパーをレース仕様に戻してみたり、フライホイールや駆動系のアップグレードを試みてみましたが、PI(パフォーマンスインデックス)が900を超えてしまったためこれ以上詰めることはできなさそうです。

以上でS1へのアップグレードは完了です。

初期セットアップ

S1へのアップグレードは完了しましたが、オフロード仕様のサスペンションを装着しており、このままではオンロード向けではありません。

そこで初期セットアップとしてサスペンションのキャンバー、スプリング、車高、リバウンド減衰力、バンプ減衰力の各数値をオンロード向けに調整します。

一旦、サスペンションのレース仕様を装着し、チューニング画面にてスプリング、車高、リバウンド減衰力、バンプ減衰力の各数値を控えます。

(写真や画面コピーを撮ってもOKです。)

その後、再度オフロード仕様のサスペンションを装着しチューニング画面にてスプリング、車高、リバウンド減衰力、バンプ減衰力の各数値を可能な限りレース仕様サスペンションの数値に合わせます。

キャンバーについてはフロント、リア共に-0.5に設定します。

チューニングの保存

オンロード向けに調整できたら、暫定チューニングとしてチューニングを保存しておきましょう。

チューニングを保存するのは、走り込みを行いながらチューニングを変えて行き詰った時に原点に戻れるようにする為です。

今回のセッティングシートは下記になります。


以上、Forza Horizon 5(FH5)にてRWD(後輪駆動)車のオンロードS1クラス向けのアップグレードを行う方法についてご紹介しました。

次回はHORIZONメキシコサーキットを走りこんでセッティングを行っていきますので、そちらもぜひご覧ください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました